工場管理にも役立つ

防虫業者との契約の費用

最近では、害虫駆除を行っている防虫業者と年間契約を行う企業が増えています。もちろん、虫が発生して困っているときに、スポット的に作業をお願いすることもできますが、品質を保証していくためには、継続的に見守っている、という体制を気づいておくことが重要になってくるのです。そのためには年間契約を結んでおき、良い時であれば、悪い時であれ、その様子を記録に残し、都度対処していることが重要になってきます。最近では、製品を一社ですべて製造することは難しく、虫が混入した場合には、関係先すべてで調査が行われるため、普段から害虫駆除をしておくことが重要なのです。年間契約を行う場合、月一回の施工を前提として、工場の規模にもよりますが、30万円〜200万円程度を見ておくとよいでしょう。

状況に合わせて適切な害虫駆除

工場の虫の状況は、毎年の傾向はあるものの、年ごとに変わってきます。その時の気候の状況に加え、虫についても年により、多い、少ないがあるのです。ここに突発的な出来事が加わってくるため、細かく注視しておく必要があるのです。害虫駆除は、製品に虫が混入しないことを目的として行っていることもあり、製品に入ってしまってから対応していたのでは遅いのです。そのため、害虫駆除業者のチェックはもちろんのこと、工場管理者として、異常を発見したときには、害虫駆除業者に即座に連絡を行い、現場を確認してもらうことが重要です。年間契約を行っている場合には、こういった緊急事態の対応も含まれていることが多いため、これも年間契約をしている要因の一つになっています。